お花畑の小さな家

大切なもの を探しに家族で山の土地へ。ガーデンデザイナーが挑戦する住環境作り&ガーデンライフ&オーガニックな庭作り日誌

ワイヤークラフト 日常の風景2 いつかの少年

ちょと前ですが、今年も我々がガーデンメンテナンスに携わる名古屋のフラワーガーデンにて、奥田由味子さんが、個展・ワークショップを行ったので、行ってきました。
昨年 私の家族をモチーフにすごく素敵な作品を作って頂きました。
(ちなみに今年の年賀状はその作品の写真を使わせて頂きます。。)

今年は、自転車のシリーズを買おうと見に行ったのですが、別のものに一目惚れし、即決で買いました。

いつかの少年。

と勝手にタイトルをつけましたが、
思春期の頃の自分の姿を思い出し、すぐに今度は夕焼けをバックに写真を撮ろうと決めたのでした。
少年が座る丸太の感じがいい!(丸太付きでの作品です)

でもなかなかいい夕日にめぐり会えず・・・夕日って分刻みで色目が変わるし。
で、そんなこんなで、やっぱ夕日に黄昏る感じはやっぱ寂しいし、いろいろたまっていた昔を思い出すし、
山の家に住み始め朝日が綺麗に見える環境になったので、朝日でトライ。

何か、希望を見つけたような少年の姿を撮ることができました。
やっぱ、ワイヤークラフトは、シルエット的で見方によって奥深さがありますね。何より奥田さんのデザインがいいんですね。

d0263686_21412275.jpg

[PR]
by ohanabatakeno | 2013-12-26 21:42