お花畑の小さな家

大切なもの を探しに家族で山の土地へ。ガーデンデザイナーが挑戦する住環境作り&ガーデンライフ&オーガニックな庭作り日誌

安心安全な庭

今模型を製作中。
途中で格好悪いですが、公開します。。
ハンズで紙粘土やらいろいろ資材を買って作っています。

d0263686_205697.jpg



建物は置いておいて。
ここで作ろうとする庭には、いろんな意味がこめられる予定であります。

その中の一つですが、自然栽培というテーマを取り入れようと検討しています。
無肥料・無農薬 ガーデンです。
3・11の震災・原発事故とうものを受け、最近新たに加わったテーマといえます。

自然栽培といえば、青森のりんご生産の木村秋則氏。
木村氏の本を読み、鑑賞目的のガーデングにどう取り入れるか考えておりました。
技術的なことよりも、植物を扱う上で、栽培か観賞かという疑問にもぶつかっていました。
そんな時、本屋で目にしたのが、曳地(ひきち)ガーデンサービスという夫婦で個人庭専門で活動している無農薬・無肥料ガーデンをすでに実践している方の本でした。

HPを調べると、まだ今年で2年目ですが、年に2回研修会を行っているらしく、早速申し込みをしました。定員7名。
ということで、今週木曜~日曜まで埼玉に行ってきます!
d0263686_2351945.jpg

事前の自己紹介では、建築士の方・オーガニックな料理店の経営の方・介護関係の方、私同様造園関係の方 などが参加予定でありました。やはり、幅広い分野で問題意識として広がりつつあるテーマなんかなと思います。


いろいろ吸収し、木村さんの理論とも繋げ、私のイメージする野の花ガーデンにどう取り入れるか、
自己の論理の確立も含め頑張りたいと思います。

無農薬・無肥料。
このテーマ先行で信仰のように考えるのではなく、大事なことは、科学肥料や農薬がどういった影響を自然界始め人間に与えるのか、無農薬・無肥料なのになぜ植物が成り立つのか。
今知らないこと、目に見えないことを 知る ことが重要だと思います。その上で、自分でどういう結論を出すか 決めればいいのではないかと思います。



 
[PR]
by ohanabatakeno | 2012-08-22 03:11 | ガーデニング